健康住宅本物見分け表2005

ランク

中 身

判 定

注意点

AAA
室内に悪いVOC(空気中の化学物質)がない事を実測で確認したうえに、人の体の活性酸素等による酸化を抑え抗酸化を促すマイナスイオン優位の室内空気環境を実現する。

抗酸化力を育む

健康増進住宅
悪いVOCが無く、マイナスイオン優位である事を実測で確認。人に優しい温熱環境(単なる断熱性ではなく部屋毎の温度格差も小さく、肌と接触する材は熱伝導率が低い等)光の道、風の道にはじまり家族内での健康なコミュニケーションまでを考慮した設計力。更に室内だけでなく、建築地の磁場環境まで抗酸化の方向に導く配慮を含むもの。

AA
材料を吟味し理論上も安心のものをつくった上で、あなたの家そのものの室内化学物質空気環境を測定して安心を確認。

これでようやく安心

健康住宅
実測ならばデータをもらいましょう!測定室温によってもVOCの出方が変わります。その変化もちゃんと考慮した測定結果か確かめましょう。
ホルムアルデヒドだけではなく、その他も測定してこれでようやく自分の家の安心が確かめられます。

B
仕上げだけでなく骨組みまで合板や集成材(接着剤で固めた木)を使わずにムクの木や自然素材等を厳選して使う事を心掛けているが室内VOCを測定せずにお引き渡しする。

心意気は評価したい

つもり健康住宅
気をつけたつもりでも、思わぬ所から悪い化学物質VOCが出ていることがあります。実測してみないとそのお宅が本当に安心かどうかは、確かめられません。実測を積み重ねてわかる奥の深さ。

C
仕上げに自然素材や呼吸する「新建材」等、健康をイメージできるものを取り入れているが、構造体や骨組みは合板や集成材を使っている。
これもF☆☆☆☆
(エフフォースターズ)の構造材だから安心とのこと。

アピールの為の

自称健康住宅

F☆☆☆☆が
よりどころ
これで健康をアピールしたり、シックハウスに対して安心としてしまう建築業者もありますが、安心には程遠いのが現実。売らんがための健康住宅と言えるでしょう。

D
仕上げにF☆☆☆☆(エフフォースターズ)建材を使っている、且つ24時間換気システムが作動しているので安心と説明されるタイプ。

VOC実測
義務付けまでの

まちがい健康
F☆☆☆☆(エフフォースターズ)認定以上の仕上げ材〜接着剤等を使っても、室内の空気中のVOC濃度が国の指針値を超えて高い事はよくあります。またF☆☆☆☆は、どうしても多く発生するホルムアルデヒドに限って、あくまで発生量を抑えた認定にすぎません。

hasaki-kuki-02.html