有田 道明様邸 香取市
●棟梁/平野 美冶 ●監督/石毛 篤史 ●設計/木村 美波里● 営業/黒田 一美
お施主様のお言葉


 引渡し式から2ヶ月が経ち、ようやく新しい家での生活にも慣れてきた頃、営業の黒田さんから1本の電話がかかってきました。完成発表会をOKした時点で、こだま通信の原稿依頼の覚悟はしていましたが、やっぱり来たかぁ!最初はお断りしようかと思っていましたが、実際にあのニコニコ顔でお願いされると断りきれません。そこで、黒田さんの持ってきてくれたアルバムを見ながら、家を建てようと思ってからの事を思い出してみました。



最初のヤワタホームさんとの出会いは、友達のお兄さんの黒田さんと偶然会った事からでした。家を建てる事を話したら、モデルハウスやOB宅(ホームオーナー様宅)へ案内してくれ、四季の丘モデルハウスの宿泊体験を勧めてくれました。候補の1つとしてまずは体験してみようと、2004年8月に宿泊しました。他社メーカーも比較対象として検討していましたが、実際に1晩とはいえ木の家で過ごしてみると、自然素材の居心地の良さや過ごしやすさが分かり、家族全員木の家を気に入ったところで、ヤワタホームさんにお願いする事になりました。それと息子の皮膚が弱く、皮膚科の先生に自然素材の家の事を話した時に、勧められたのも決めた理由の1つです。その後1年近くかけて設計の木村さんとの打ち合わせがありました。木村さんには本当にお世話になり、こちらの無理なお願いも嫌な顔ひとつしないで、快く聞いてくれました。


何日も頭を悩ませていた問題も、結局自分たちでは解決出来ず、木村さんにお願いする事も沢山ありましたが、さすがプロ!と感心するアイディアとセンスで、見事私たちの希望を形にしてくれた事は、本当に感謝、感謝です。上棟式では、平野棟梁から「自信があるから、任せてください!」との力強い言葉をいただき、安心してお任せする事が出来ました。実際工事が始まってみると、細かい変更等も出てきましたが、平野棟梁の機転と工夫で、より使いやすく仕上げていただきました。鈴木木工さんには立派な神棚や月見障子など、見事な建具を作っていただきました。他にも、多くの職人さんたちの力によって一棟の家が形になり、完成していく姿を見るのはとても楽しみで、今となっては良い思い出です。そして黒田さん、本当に細やかな事まで色々と相談にのっていただき、力になっていただきました。何でも黒田さんに相談しながら完成までたどり着いたと思っています。感謝しています、ありがとうございました。私たちが家を建てるにあたって1番に考えていたことは家族が健康で幸せに暮らしていく事の出来る家造りでした。それを叶えてくれたのが、ヤワタホームさんの家造りに対する真摯な姿勢であり、お任せして本当に良かったと思っています。最後に、石毛監督を始めヤワタホームのスタッフの皆様、工事に携わってくださった多くの建築業者の皆様、本当にありがとうございました。今後は自然素材の変化を楽しみながら手入れをして、いつまでも大切にしていきたいと思います。

有田道明・愛美・裕紀



営業担当/黒田 一美
 始めに有田様、この度は新居の完成ならびにご入居おめでとうございます。それから、完成発表会でのご協力本当にありがとうございました。当社、スタッフ一同この場を借りまして、御礼申し上げます。(夏の暑い時の開催という事もあり、途中冷たい麦茶やかき氷などの差し入れ、お心配り本当にありがとうございました!(*^。^*)有田様との(設計打ち合わせ〜お引渡しまで・・・)を今原稿を書きながら振り返ると本当に楽しかった事たくさん思い出します。2004年8月の宿泊体験の感想ノートを今見ています。(あれから2年の月日が経ったんですね!)ノートには有田様奥様のコメントで「家族全員この木の家が気に入りました。」「家の中の空気が住んでいて楽な空気です。」などすぐに空気の違いにも気づかれましたね!設計の打ち合わせでは、有田様ご主人と私が入り込めないほど、設計士と奥様とで真剣に煮詰める場面もありましたね!工事中の立会い検査では現場監督の細かな説明に、ご主人は理解し納得するまで真剣に聞き入る場面もありましたね!工事途中10時のお茶の時、大工さんや職人さん方と有田様のお父さん、お母さんの会話いつも本当に楽しかったです。有田様、私共の住まい創りに対する考え方に共感していただき、そして全てをお任せいただき、本当にありがとうございました。言葉では言い表せないほど感謝の気持ちでいっぱいです。有田様ご家族が安心して暮らしていけます様、これからも末永いお付き合いを宜しくお願い致します。最後になりますが、有田様ご家族の益々の健康とお幸せをお祈り致します。
(追伸)※工事中は有田様のお父様、お母様、休憩の時のお茶菓子などのお気遣い本当にありがとうございました。社員〜協力業者一同感謝しております。
※裕紀君の部屋のプラモデルを飾るカウンターに作品が並んだら必ず見せて下さいね(^。^)

ka-a.html