沖野 直毅様邸 山田町
●棟梁/山本 浩幸 ●監督/宮内 達也 ●設計/香取 昌俊● 営業/藤崎 春男
お施主様のお言葉


 まず、自然素材を使ったすばらしい家を建築していただきまして有難うございました。引渡しいただいてから1ヶ月が経ち、家族全員毎日笑顔で新居の生活を楽しんでいます。ヤワタホームさんには3年前のサマーイベントで神栖展示場でカブトムシをいただき見学した時から、この建築会社なら良い家ができるかも・・・と考えていました。



そして1年前のまだ横浜在住のとき、「最初のうちはメールのやりとりから・・・」と始まった営業の藤崎さんとのお付き合い。既設の母屋との位置関係、近い敷地境界など制約が多いなか、藤崎さん、設計の香取さんとキャッチボールでついに出来上がった納得の間取り。設計施工が進んでも、香取さんには細かな変更をいろいろお願いしてしまいました。照明や屋根、外壁、内装など、詳細仕様をヤワタさんの3階で4人で煮詰めて行った時は、家を建てる楽しさを味わえた時でした。


棟梁の山本さんには、家そのもの勿論、居間の間接照明BOXや仕事部屋の巨大な棚群、2階の階段手すりなど、度重なる関所(?)をモノともせず、とても丁寧に作り込んでいただき、大変感激しています。そして監督の宮内さん、最後まで細かなチェックと心配りを有難うございました。次男のぜんそくも出ませんし、杉アレルギーの私も松が主体のため全く問題ありません。そしてSOD工法のおかげでほこりが舞い上がらず、家中空気が澄んで暖かく感じ、仕事場も兼ねる私の部屋では、自作スピーカーが期待以上の良い音を奏でてくれます。これからは、名実ともに生活と仕事の場として、この家とともに歩んでいきます。最後になりますが、関わっていただきました皆様、本当にありがとうございました。

沖野直毅


営業/藤崎 春男
 私自身「すばらしい出来」と自信一杯です。沖野様邸の完成はまさに、ご夫婦、いやっ、ご家族全員の最高傑作です。当初は、横浜と東庄の間でのEメールがメインでしたね。横浜や東京での打ち合わせも楽しかったです。そして、計画が進むにつれ横浜から何度も見学会や、本社へお越し頂いて大変であったと思います。しかもご主人の独立起業と同時でしたから、超多忙の中、打合わせ時間を作って頂き、本当に有難うございました。計画中も、工事中も私達は教えられる事ばかり、ご夫婦のネットを駆使しての情報取得は、現場の進捗状況などのポイントを把握され、私達を気遣って頂きながらのものでビックリ(お考えが深い!!)していました。やはり沖野様との打ち合わせのやりとりが、施主様と私達建築会社の理想の家づくりの在り方ではないかと思っています。その成果として、沖野様も私達も満足する家づくりが出来たのだと今でも信じています。各職方をはじめ棟梁も、途中の関所(?)などと感じず、「あいよっ」と快く仕事が出来ましたよ。これからもお邪魔する事が多いと思いますが、「住まいづくり屋」の真骨頂は入居されてからだと考えていますから、お住まい中で気付いた事はどしどしおっしゃって下さいね。
〜追伸〜玄関アプローチ造りもこれからですね!私達も出来る限りお手伝いしたいと思います。

y-o.html