石橋 進哉様邸 銚子市
●棟梁/田村 正幸 ●監督/宮内 達也 ●設計/金井 一義● 営業/藤崎 春男
お施主様のお言葉


(住んでみて)まずは、ほっと出来てくつろげる家を造っていただきありがとうござしました。6月8日に引越して約2ヶ月が経ちました。2階のリビング&ダイニングは明るく、風が心地良く通り抜けてゆきます。夜も涼しい風が入ります。この夏はシーリングファンと扇風機で乗り切れるかもと期待しています。


逆垂木の屋根、珪藻土の壁、杉張りの床のおかげか、「ジメジメ」した感じは無く、汗かきの私の足の裏もサラッとした感じです。ところで、先日片づけをする時椅子で壁の角を削ってしまいました。すると間の良い事に、数日して「何か困った事はありますか?」という藤崎さんからの電話でした。早速、宮内さんに連絡を取ってくれました。そして、宮内さんが補修工事をしてくれました。完成後もお二人には心配りをしていただいております。このように、気になる事を、気軽に相談出来る態勢を作ってもらっている事が心強く、安心感を持って生活出来る思いです。
(きっかけ)そんな私達のヤワタホーさんと出会うきっかけは、神栖展示場の家を見て、その造りと雰囲気に惹かれ気に入った事です。特に妻が気に入り、その後も4〜5度見学に伺う事になりました。また、雑誌での社長のコメントで、ヤワタの家づくりに対する信念とか、経営テーマに共感出来た事も、きっかけになりました。


(決定)(1)自然素材を多く使用している事。(長男がアトピーでもあり、重要な部分でした。)今建てる家は数十年住むことになります。当然、子供が引き継ぐことになります。その息子が展示場を見て気に入ったということも重要なポイントになりました。
(2)古い家の材を利用してくれるという事。今まで、住んでいた家は、85年にもなりました。当然先祖からの思い出や思い入れもあり、梁や大黒柱など、形を変えて新しい家に引き継いでくれるという、設計金井さんの話も、決断の重要部分でした。特に母は喜びました。実際、形を変えて今在る家に先祖の思いが受け継がれているのを感じます。
(3)営業(藤崎さんの人柄)最後になりましたが、決定の大きい部分を占めています。相談の際も、私には話しやすいということが楽でしたし、自然に話し合い相談出来るということで助かりました。
(家づくりの希望)(1)従来とは違う、変化のある日常を望む事。
(2)リビング&ダイニングは2階にして、そこを生活の中心にしたいという事。
(3)利根川の眺望を考えに入れ、仕切りの無い空間を希望した事。
(4)年1回の花火を家から見たいという事。
(5)車が2台駐車出来る事。このような希望は、結果的に叶う事が出来ました。金井さんの設計とアイディアやセンスが、この家の中に活かされていると思います。それがこれからの生活の中で実感出来てくるものと思っています。
(仕事ぶり)棟梁の田村さんの丁寧で確実な仕事ぶりには、安心してお任せする事が出来ました。完成を見て家族で「本当に腕の良い大工さんで良かったネ。」という話が出ましたが、その言葉がすべてだと思っています。最後にヤワタホームさんは、これから家づくりを始めようとする人達に、自信を持って紹介出来るハウスメーカーだと思っています。これからのお付き合いも宜しくお願い致します。

石橋 進哉




営業担当/藤崎 春男
 石橋様、この度は大変お世話になりました。現場打ち合わせの際には、常にスタッフにお気遣い頂き、助ける側の私達がいつも助けられてばかりの印象でした。築85年の建替えですから、相当な思い入れがご家族にはあったと思います。その大事なお住まいをお任せ頂き、更には計画当初、「ヤワタの会社の考えに共感した」とおっしゃって頂いた事は、感謝してもしきれないくらいです。私達建築会社とお施主様との価値観の一致は、やはり一番重要な事で、良いも悪いも全てそこから始まる事を、改めて教えて頂きました。本当に感謝しております。
 お住まいになって3ヶ月になりますが、このお手紙を頂いた時には、まだまだ暑くなる前で、この夏エアコンなしで乗り切れるかと石橋様とワクワクしていましたが、本当にエアコン無し(うらやましい〜)でいけたのにはビックリです。(正直エアコン無しで乗り切れるとは、思っていませんでした。)涼しい地域ということもありますが、その気候を考えた間取りや風の流れる設計がピッタリはまったんだと、密かにガッツポーズをとっていますよ。それもこれも、全て石橋様のご理解とご協力のお陰です。重ねて、御礼申し上げます。そして、次は冬ですね。暖房無しとはいかないとは思いますが、夏に比べどのくらいの快適さがあるかが、今から楽しみです。私もお伺いする度に、新たな発見がある。そんな楽しみな(勝手に楽しんですみません)お宅です。今後ともお付き合いのほど、宜しくお願い致します。

ty-i.html