釜形 紀昭様邸 銚子市
●棟梁/小林 進 ●監督/石毛 篤史 ●設計/金井 一義・香取 昌俊●営業/黒田 一美
お施主様のお言葉
 私が小学生の頃、両親がヤワタホームさんで家を建てた時から、ヤワタさんのことは知っていました。いざ自分が家を建てようと思った時に、ヤワタさんにするか迷っていました。他社のモデルハウスをいろいろ見ましたが、自分に納得する家は見つかりませんでした。ある日、両親から実家の近くでヤワタさんの展示会があるというので見に行きました。その時に黒田さんと出会い話をしているうちに黒田さんから「見た目だけじゃなく本当に自分達が納得し落ち着く家ですよ」と言われました。それから黒田さんの紹介で、神崎町や神栖町 の展示場を見に行き、木の香りや無垢の床、天井が高く梁が見える家を見学し、自分もこの様な家を建てたいと思い、黒田さんのいるヤワタホームさんにお願いすることにしました。設計の打ち合わせを始める前に預かった設計プランニングカルテに記入したら、後日のプラン提案時にほぼ自分のイメージに合った図面を見せられた時は驚きました。設計部の金井さん、香取さんを「スゴイなぁー、さすがプロだなぁー」と思いました。金井さんの経験や実例などを詳しく話をしてくれた事、香取さんがカタログの中から予算に合った物を一生懸命に探してくれたり、気になる点を電話で相談すると、私のわがままに丁寧に対応してくれた事を深く感謝しております。地鎮祭の時以来、石毛さんには立会いの現場で1つ1つ私が分かるように説明してくれた事や、年齢も近いので話しやすく相談しやすいので、無理な事ばかり言ってしまいご迷惑をおかけしました。工事中は、現場に何度も足を運び、棟梁の小林さんにアドバイスを頂き温かい気くばりに心より御礼申し上げます。完成までうれしさと期待感でいっぱいでした。引き渡しを迎える時、自分が小学生の時に両親が家を建てた時の喜びをまたヤワタさんと共に味わう事が出来てとても感謝しております。両親の話によると親戚を含めると私でヤワタホームさんにお願いしたのは5件目だそうです。私を含め両親・親戚が信頼しているヤワタホームさんで家を建てられた事を喜んでいます。そしてヤワタホームのスタッフの皆さんに感謝の気持ちでいっぱいです。今まで予想以上の出来に大変満足しており、木の香りと天井が高く梁が見える部屋と、黒田さんと出会った時に言われた「本当に自分が納得し落ち着く家」で住める幸せを実感しています。本当にありがとうございました。妻と共に「本当にヤワタホームさんを選んで良かったぁ〜!!」

釜形 紀昭


営業担当/黒田 一美
 釜形様、この度は新居の完成ならびにご入居おめでとうございます。そして、釜形様ご家族の幸福の住まいづくりに参加させていただきありがとうございました。この場を借りてお礼申し上げます。釜形様との初めての出会いは、銚子市春日町で開催させていただいた、白玉様邸の完成見学会に来場され、私がご案内させていただいたのが、最初の出会いでした。平成14年7月7日の見学会で すから、2年以上のお付き合いになるのですね。ある日、工事中の現場と完成間近の現場をご案内して、少し遠いのですが、神崎町にも自然素材で作ったモデルハウスがあるので、後日ご案内させて下さい。と伝えたら、夜7時を過ぎていたかと思いますが、釜形様が「今から見に行ってもいいよ。黒田さんが時間が大丈夫であれば。」と、神崎町四季の丘モデルハウスへ直行し、釜形様の住まいへのこだわりや夢、理想や希望、時間を忘れてお互い本音で話し合った事が、今も鮮明によみがえってきます。(あの時は遅い時間になってすみませんでした。)間取りの打ち合わせに入る時、3Fのショールームへ階段を上っている途中釜形様より「子供のころ親に連れられてここに来ましたよ。子供心の記憶でなんとなく覚えています。」その言葉を聞いてご両親の時の打ち合わせから何年経つのだろうと思い当社のファイル管理室の図面を見ると、昭和52年9月30日のファイルでしたので27年前に釜形さんは、3Fに来ていたんだと思うと不思議な気持ちになりました。と同時に「美しい暮らしのお手伝い」「この一棟に真心を込めて」の言葉の重みを感じました。ご入居後も何度か遊びに寄らせてもらった時の釜形様ご夫婦の温かい笑顔。私共の目指す住む人にとって一番やさしい、心から家族みんなが癒されて健康でいられる住まい創りに共感していただいた事、そして何よりも釜形様初めご親戚方々が当社のファンと言って下さいますが、本当は私達スタッフ皆が釜形様のお人柄のファンであり、そのお人柄に支えられ良い仕事をさせて頂きました。本当に感謝の気持ちでいっぱいです。誠にありがとうございます。この場を借りて御礼申し上げます。最後になりますが、釜形様ご家族様の益々の健康とお幸せをお祈り致します。

ty-k.html