風間 道夫様邸 潮来市

●棟梁/手賀 春雄 ●監督/石毛 篤史 ●設計/香取 昌俊 ● 営業/菅谷 和浩
お施主様のお言葉


 我が家つくりあれこれ
「このあたりで考えようかと思うんだが。」そう言って夫から手渡されたのは,S社とヤワタホームさんのパンフレット。どうやら夫は休日毎に孫を連れてはハウスメーカーめぐりをしていたらしい。展示場もあちらこちらと見に行っていたのか,「○○会社の建て方は△△△で,材料は・・・」などと説明を始める。以前に「そろそろ建て時かな。」という話から,建設地の検討などもしていましたので,当然といえば当然のことなのですが,夫の心の中で計画がそこまで進んでいたことに少々戸惑いを感じつつ,

一方で「ん?,私に何も知らせずに!?」という思いもチラと頭の片隅を掠めましたが,「まぁいいか。悪いことじゃなし。」と思い直して話を聞きますと,夫は木造・和風の家を希望らしく,その点でヤワタホームさんの方に比重は傾いているようでした。夫が決心しているならば拒む理由はなしと,早速展示場を見学し,営業の菅谷さんから説明を聞く運びとなりました。説明を聞き,こちらの希望・資金計画と併せ,設計の香取さんも加わり,基本プラン・設計へと進んでいく中,何回となく神栖の展示場で打ち合わせをしていただきました。「飽きの来ないすっきりした感覚の家で,バリアフリーを基本に風の流れを考えた間取りと,多くの人の集えるつくり」を基本条件に,家族6人それぞれの希望と敷地条件,そして資金計画を上手にコーディネートしていただき,イメージと基本設計をいただいたときは,注文の多い娘を始めとして即座に出たO・Kの返事には私自身驚きもありました。建設中は,仕事帰りに現場に立ち寄ることが夫と私の日課になりました。


「棟梁や職人さんたちに迷惑かな。」などと考えながら,質問をして説明をしていただく日々の繰り返し。今振り返っても楽しい期間でした。見ること聞くことが新鮮でしたし,一日毎に出来上がっていく様子が自分の目で確かめられる嬉しさ!ここでも,棟梁始め職人さんたちに丁寧に説明していただきました。今になって考えますと,邪魔をしていた点もあったかも知れませんが,毎日の現場通いは良かったと思っています。例えば,設計図での理解と現場の違いが生じたときなどは質問できますし,職人さんからの提案もすぐに受けられ,一緒に対応を考えられます。何事もそうですが,特に大きな計画となる家つくりの場合,理解の食い違いを防ぐためには,相互の人間関係をしっかりと築くことが必要不可欠なのではないでしょうか。加えて1年半近いゆっくりとした時間の中で建設を進めていただいたことは,「建てる」ことへの私たちの気持ちが醸成され,更に冷静に見る目ができましたのでその点もよかったのではないかと感じています。こうしてでき上がった我が家は玄関ホールから居間への一間のフルオープン引き戸を始め,何処からでも出入り自由のキッチン,小上がり和室の床の高さを利用しての150センチの引き出し,二階ホールの図書コーナーなどいずれも満足しています。徳永建具さんに作っていただいた二連の引き戸や下駄箱は木の風合いが素晴らしいと友人たちにも好評です。家族の中では,全部の戸をお願いすればよかったとの話も出ているほどです。


コンセント位置や照明に検討を加えた二男の部屋や,窓に障子を立て,梁などの木部に塗料でアクセントを加えたちょい居酒屋風の娘の部屋。希望の広いロフト付き南向きの孫の部屋と母の部屋。また,母の部屋を除き,梁表しで天井を高くしていただきましたので閉所恐怖症の私には心休まるつくりでもあります。夫は10人兄弟姉妹の長男。先日,近くに住む兄弟姉妹6家族を招き,我が家の家族とあわせて25人の食事会をしましたが,ゆったりと広がりの感じられる居間の雰囲気は好評でした。「吹き抜けのある家は寒い。」とよく聞きますが,このところ数日の寒さも気になりません。強いて難を言えばムク材故の傷つきやすさでしょうか。しかしそれも承知の上でお願いした材料ですし,ムク材から感じる暖かさ・穏やかさの比ではありません。資金計画・土地取得や諸提出物作成に心配りいただいたこと,さまざまな設計の提案・追加変更,そして建築経過の確認など一つ一つ確認し,決定していかなければならない経過の中で,細かな事柄にまで配慮いただき,お世話になった菅谷さん,香取さん,石毛さん,仕事とは言え数多い打ち合わせ感謝しています。石毛さんの明るい声は天性のものですね,聞いている人に非常な安心感を与えてくれました。ここ数年朗読を学習中の私にとって羨ましい声でもあります。しっかりと説明・提案をしていただいた手賀棟梁始め根本さんや徳永建具さん,高松クロスさん,直接顔を合わせることのなかった関係の方々ありがとうございました。私たちの「棲家」建設を喜んでくれた二人の母,兄弟姉妹,親類や知人・友人皆にも感謝です。考えて見ますと,この家はヤワタさんからお嫁にいただいたようなもの。これまで大切に育てていただいた完成品を更に住みやすくするために守り育てていくのが私たちの仕事であり責任でしょうか。時折現場に風のようにおいでになった社長さん。ヤワタさんには共に見守り,時には提案・助言をいただければ幸いと思っています。

風間 奈保美



営業担当/菅谷 和浩
  風間様、この度は本当にお世話になりました。また、見学会のために大切なお家を貸していただき本当にありがとうございました。風間様とのお打合せはいつも楽しく印象深いものでした。ご打ち合わせの当初から、家族みなさんのこだわりが強く感じられ、私も設計も身が引き締まる思いとともに、どんどん良いプランになっていくことに喜びを感じていました。工事中にも何度も足を運んでいただき、打ち合わせを重ねていった結果、実際の現場はプラン以上に良いものになっていきました。そのこだわりがあったからこそ、完成したお家はまさに、ご家族の夢や想いがいっぱい詰まった本当に素敵な住まいになりました。風間様ご家族の本当にこだわった住まいづくりに参加できたことを、本当に感謝しております。住まいづくり同様に、こだわりの食物もお打合せのたびに色々といただき本当においしかったです。この場を借りてお礼をさせてください。私もかなり影響されて真似をしてみようと思います。これからも、末永いお付き合いをよろしくおねがいします。

i-k.html