多くの人が集える家にしたかったんです
 茨城県潮来市の北浦湖岸に建つ風間様のお宅に伺った。この日は、ご親戚を呼んでのピザパーティー。綺麗な花が咲き乱れる庭の一角に大きな釜がある。既に火が入れられ煙突から煙が上がっている。驚く事に、この釜はご主人の手作りだそうだ。大きな大谷石を綺麗に積上げ、素人が作ったとは思えない出来栄えだ。「土日の休みを使い完成までに3ヶ月掛かりました。時間は掛かりましたが、楽しかったですね。もともと、物を作るのが好きなんです。このウッドデッキも孫と一緒に作ったんですよ」ウッドデッキも見事な出来だ。ご主人とそんな話していると、美味しそうなピザが焼き上がった。一枚頂いたが、実に美味しい。「そうなんですよ。炭火と大谷石の遠赤外線効果でより美味しくなるんですよ」リビングでは、皆さんがにぎやかにテーブルを囲んでいる。「多くの人が集える家にしたかったんです」と奥様。今までにも友人・親戚を呼び何度も食事会やバーベキューをしているという。「月の光の下で食事をし、庭での食事が飽きたら家の中に入って、ゆっくりとお茶とおしゃべりを楽しむんです」羨ましいばかりだ。そんな風間様のお宅には家族と家と自然とが一体となった優しさが詰まっている様に感じられた。最後に奥様が「自然素材の優しさを大切にしながら、時に応じて変化する風合いを楽しみながら共に生活していきたい」と語ってくれた。


p-10-k.html