家庭菜園を楽しめる和・ご・こ・ろの家

ご入居から1年の鹿嶋市の絹張様に現在の住み心地などをお聞きしました。これから住まいづくりをご計画される方に向けてアドバイスも頂きました。
―毎日暑い日が続いていますが、住みごこちはいかがですか?
 家の中はとても涼しくて快適です。エアコンもほとんど使っていませんよ。昼間は窓を開けるといい風が入ってくるので、とても涼しいですよ。夜は防犯の為にシャッターを閉めるので、暑い時にエアコンをつけるくらいです。梅雨時、雨で窓を開けられない時も涼しいんですよね。外はジメジメしているのに家の中はサラサラなんです。だから、家の中では長袖を着ています。無垢の木やしっくいの壁が湿気を吸ってくれるんですね。

―冬はどうですか?
 冬もとっても暖かいですよ。小さいファンヒーターしかないんですが、十分暖まります。リビングには吹き抜けがあるので、寒いかなと思ったんですが、全くそんなことはなく、2階まで暖かくてびっくりです。

―先ほどもお話がありましたが、無垢の床はどうですか?
 キズつきやすいので、最初は子供たちが傷つけたり、いたずら書きをするのを気にしていたんですが、今は全然気にならなくなりました。時間が経つとキズも味になるんだと思って。いい色になってきましたし、目に馴染んでとてもいい感じです。

―玄関から土間収納を経てキッチンに直接いけるなど間取りも工夫されていますがどうですか?
 自分で言うのもなんですが、この家は良く考えられていてとても使いやすいです。そんなに広い家ではないですが、収納が沢山あって満足です。特にキッチンにつながっている土間収納は便利ですね。家庭菜園でとれた泥つきの野菜はもちろんですし、その他にも靴や工具などをしまっています。外でも中でも使う物をしまうのにとても重宝していますよ。

―とってもかわいい菜園ですが、家を建てる前から考えていたのですか?
 そうです。以前から家を建てたら家庭菜園をやりたいと思っていたんですよ。自分でつくったものを食べることで教育にもいいかなと思って。畑を耕したり、種をまいたり、お水をあげたり、収穫したり、そしてそれをおいしく食べて、楽しみながら勉強できているみたいですね。家の配置も最初から家庭菜園のスペースを考えてつくったんですよ。

―最後にこれから住まいづくりをご計画される方にアドバイスをお願いします。
 私達もヤワタさんに決める前に工事現場を見せてもらったんですが、絶対に工事現場を見ることですね。使っている材料を確認することも大切ですけど、もっと大切なのは人を見ることですね。どんな人が、どんな考えでつくっているのかが、よく分かりますので。私はそこが、一番大切だと思います。実際私達の場合は、ヤワタさんの担当の方をはじめ、全ての業者さんが、いい方たちできちんとした仕事をしてくれたので、不具合もなく満足できる家ができましたし、今も快適に過ごせています。

―工事中はよく現場に来られたのですか?
 そうでね。よく現場には行きました。どんどん出来あがっていく様子を見るのも楽しかったですし、皆さんいい方だったので、現場に行くのが楽しみでした。私達は実際に工事現場を見てこの人たちなら大丈夫だと、建てる前にちゃんと分かっていたので、楽しい家づくりができたと思います。だから、皆さんも是非、人をよく見て建てて下さい。そして、家づくりを楽しんで下さい。


p-17-k.html